MINNETONKAブーツ

MINNETONKAブーツTOPページ

MINNETONKAブーツ

「MINNETONKA(ミネトンカ)」という言葉を聞いたことはありませんか?
MINNETONKAは、有名セレブ女優たちが支持したことで一躍有名になった、創立から50年以上続くアメリカの老舗モカシンブーツブランドです。
もちろん日本でも根強い人気を誇っています★
編み上げロングブーツなどは国内でも数多くのファッション雑誌に掲載されており、非常に注目度の高いブランドなんです!
MINNETONKAの魅力はとにかく履き心地がいいこと、そして履けば履くほど足になじんでくるような独特の質感が人気の理由です。
決して大量生産はせず、職人が完全手作業で作る作品は一足一足に様々な表情があり、そんなところが海外セレブを喜ばせるポイントとなっているのでしょう♪

 

ミネトンカブーツ 通販 http://www.mid-shop.net/


MINNETONKAといえば”モカシン”

モカシン

インディアン・モカシンともいう「モカシン」は、もともとは、北アメリカのインディアンが履いていた、ヒールのないスリッポン型の靴のことをいいます。
「モカシン」という言葉は、北アメリカ東北部の先住民・アルゴンクィアン族の「マカック=小さな袋」に由来するといわれているのですが、「一枚の皮で足を包む」という意味との説もあるようです。
そして北アメリカだけでなく、世界中に伝統的な履物として「一枚皮の靴」があります。
例えば、ノルウェー式のノルウィージャン・モカシンというものもあり、一般的には一枚革の靴の代名詞として「モカシン」という言葉が浸透しているようですね★
そんなモカシンには、ビーズ刺繍などで模様をつけたりなどの工夫が施されることもあります。
インディアン・モカシンのビーズ刺繍では、森林インディアンのオジブワ族、イロコイ族は花柄、平原インディアンのスー族、シャイアン族は幾何学模様を好んで使ってたようです!
靴底までビーズ刺繍したものもありますが、これは実用的ではなく、死者の埋葬品として作られたのだそうです。